企業内保育所の仕事内容や種類について

これからますます数が増えていくと考えられている企業内保育所。転職を考えるのであれば、まずは企業内保育所の種類や仕事内容について理解していきましょう。

企業内保育所には4タイプあります

企業内保育所とは、企業や施設の中、または近隣に設けられた保育施設のこと。主に従業員のために企業が用意した事業所内保育所となります。企業内保育所は、4タイプに分けることができます。

単独利用型 企業が独自に運営し、自社の従業員の子どもだけを対象とするタイプ
地域開放型 企業が単独で運営しているものの、自社の従業員の子どもだけでなく、地域の子どもたちも対象とするタイプ
共同利用型 企業が単独で運営しているものの、自社だけでなく近隣の企業と一緒に利用するタイプ
共同設置型 いくつかの企業で一緒に費用を負担して運営するタイプ

企業内保育所を利用することによって、従業員は保育園を探したり、遠くまで子どもの送り迎えをする必要がありません。企業側にとっては、出産によって貴重な人材が流出するのを防ぎ、近くに子どもがいることで従業員に安心して仕事に邁進してもらえるというメリットがあります。

企業内保育所の仕事内容は?向いているのはこんな人

保育士の仕事内容

企業内保育所は、主に従業員の子どもを対象としているため、比較的小規模での運営となります。そのため、子ども一人ひとりに向き合って、保育に取り組むことが可能

仕事内容は、一般的な保育園とあまり変わりませんが、大きな行事が少ない、もしくは無いため、時期によって仕事量が大幅に増えるということはありません。小規模保育所なので、子どもの個性に合わせてしっかりと対応できる方、柔軟に対応できる方、自分で考えて行動できる方が、企業内保育所での勤務に向いています。

ほいくらぶは、更に企業内保育所の仕事内容や職場環境について知るべく、ライフイベントによる保育士の離職率をほぼ0%に抑えている株式会社メディフェアの保育士さんにお話を伺いました。

メディフェアの保育士に
福利厚生や待遇について聞きました

企業内保育所の仕事内容を理解してから転職しよう

企業内保育所での仕事は、基本的に一般の保育園と変わりません。ただ、小規模保育施設となるケースが多く、年齢別にクラスを設けず、ひとつの部屋で違う年齢の子どもを一緒に見る「異年齢保育」を行っています。一人ひとりに向き合って、状況に合わせて柔軟に対応することが大切。

保育士に限った話ではありませんが、転職をする際には必ず仕事内容を理解し納得をしてから行動する必要があります。待遇や働き方が魅力的だからと、仕事内容をよく理解せず転職をしては、また失敗を繰り返すことに。次こそ、理想の保育施設へ転職するためにも、企業内保育所のメリットや求人情報を一緒に確認しましょう。

企業内保育所で働く
保育士のメリットは?