保育士5年目でやめたい

保育士5年目は「中堅」としてさまざまな役割を求められる時期。そのような時にやめたいと思う人はどんな理由を抱えているのでしょうか。

保育士5年目で辞めたい理由は?

保育士5年目の人が仕事をやめたいと思う人は、どんなところに悩みを抱えているのでしょうか。考えられる理由をご紹介していきます。

後輩保育士の指導が思うようにうまくいかない

保育士5年目になると、後輩保育士も多くなってきているはず。そう言った状況になると、必ずと言っていいほど後輩の指導を任されることになります。しかし、誰かを指導するというのは非常に難しいものです。自分が良かれと思って言ったことが異なる意図で受け取られたり、何かを説明してもうまく伝わらなかったりといったことは当然のように起こります。

後輩の指導がはじめての場合は、慣れるまで非常に悩むことになる人が多いようです。

保護者との関係がうまくいかない

担任を持っている子どもたちの保護者との関係がうまくいかない、というものは、どの年次でも抱える悩みと言えるでしょう。ほとんどの保護者とはいい関係を保てていても、中には少しのことでもクレームを入れてきたりする保護者もいることがあります。そんな保護者との関係に悩んでしまうこともあるかもしれません。

同僚保育士との関係に悩んでいる

後輩保育士との関係に悩むと同時に、先輩保育士との関係に悩まされることもあるかもしれません。何年目だったとしても、相性が良くない人というものはいるものです。仕事上だけでもうまく立ち回ることができれば良いのですが、仕事にまで影響が出てくると仕事自体をやめてしまいたいと思ってしまいます。

自分が理想とする保育が実現できない

保育士としての経験を積むにつれて、自分が理想とする保育が見えてくることでしょう。しかし、理想の保育を実現できるとは限りません。先輩保育士や同僚に止められるなどして、フラストレーションが溜まってしまうことも。あまりにも自分の考えていることが実現できないと、この職場は本当に自分に合っているのだろうかと考えてしまいます。

自分のやめたい理由を明確にする

やめたいと漠然と思っている時には、すぐに行動に移すのではなく、まずは自分がなぜやめたいと思っているのかをはっきりとさせることが大切です。この部分をはっきりさせずに勢いだけでやめてしまった場合、「やっぱりやめなければよかった」と後悔してしまう可能性もあります。

優先順位を明確にする

やめたい理由を明確にすることで、自分の優先順位をはっきりさせることもできます。自分が仕事を大切にしたいのか、そして仕事をする上ではどんなことを大切にしているのかということもわかるはず。その上で落ち着いて、自分は本当にいまの仕事をやめるべきなのかどうかを考えると良いでしょう。

保育士5年目で続けていくことのメリットを考える

そして考えて欲しいのが、保育士として5年目を迎えた今の状況でやめずに保育士を続けた場合、どんなメリットがあるのかということ。かなり保育士としての経験を積んできているわけですから、いまは理想の仕事ができなくてもこれから先は自分がやりたい仕事を実現できる可能性もあります。

その上で、自分が今抱えている悩みは改善可能かを考えてみましょう。時には1年・3年・5年先の先輩や上司がどのように動いているかどうかを見てみましょう。周りに目を向けて視点を変えてみることで、思わぬところに解決方法が隠れている可能性があります。

保育士5年目でやめることのメリットを考える

保育士をやめない場合のメリットを考えると同時に、やめた場合のメリットを考えることも必要です。その上で、やめた場合のメリットの方が大きそうであれば、職場を離れる必要がある、と判断する場合もあるでしょう。

また、ストレスが溜まってしまい心身に影響が出ている場合には、保育士をやめる、もしくは休職するなどしていったん仕事から離れることで体調を回復させられるというメリットがあるかもしれません。

保育士5年目の他の人はどうしている?

保育士をやめたいと思った時、やめずに続けた人の傾向としては、「他の人の意見を仰いだ」というケースが多いようです。特に、周りにいる先輩保育士であれば同じような悩みを抱え、乗り越えてきたというケースも多いはず。そんな時にどのように行動してきたかを知ることによって、今悩んでいることにどのように対応したら良いかということも見えてくるはずです。

ただし、普段から相談できる関係づくりをしておくことが大切です。

まとめ

保育士5年目の人が、仕事をやめたいと思う理由や、そんな時にはどのように対応したら良いのかを考えてみました。誰でも仕事を続ける上では悩んでしまうもの。しかし、周りの先輩や同僚に相談することによって最適だと思える道が見えてくることもあります。まずは冷静になってなぜやめたいのか、改善できるところはあるのかどうかを考えてみてくださいね。

他の人が保育士を辞めたい理由を見る

取材協力
メディフェアHP

引用元HP:株式会社メディフェア公式HP(http://medifare.jp/)

メディフェアは、長く働きづらいと思われている保育士の過酷な就業環境を改善するべく、さまざまな面を見直すことで待遇を良くし、保育士の皆さんが楽しく働くことのできる環境を目指しています。

  • 年収例:413万円~
  • 賞与年2回、月給の3.9~5カ月分支給
  • 週休2日制、有給休暇(6ヵ月継続勤務後10日付与)
  • 東京都・長崎県を中心に全国各地で保育所を展開

メディフェア公式HPで
保育士の求人情報を確認

電話で問い合わせる