年度途中で保育士を辞めたい

保育士は年度途中で辞めることができるか?

保育士だってもちろん雇用契約の元で採用されていますので、年度途中で辞めることは可能です。ただ、仕事の性質上、スパッと辞められるかどうかについて不安がついて回りますね。どういった部分がネックになるのか具体的に見てみましょう。

年度途中で辞めるときのリスク

多くの保育士さんの中にある非常に高い「年度末で辞めてはいけない」意識。なぜ何度途中の退職がそんなに嫌煙されるのか、以下のような理由があります。

担任制度

補佐的な立場で採用されている保育士さんもいらっしゃいますが、多くはクラスの担任や副担任を任されているのではないでしょうか?担任しているクラスの子供達が年度途中で先生が変わってしまうことに不安を感じるのではないか、保護者や周囲の先生から「途中で辞めるなんて無責任だ」と思われてしまうのではないか。責任の強い保育士さんほどそう感じ、「辞めたい・辞められない」の狭間のストレスに苦しむことになります。

 

雇用契約

一般的に退職の意志を伝えるのは退職の2週間前。単純に考えると2週間前に退職届を出すだけでよいのですが、その前に確認しておくことがあります。

園に採用になった際の「雇用契約書」に「退職の意志は退職1ヵ月前に伝える」などと表記があった場合は1か月前に退職の意志を伝えなくてはなりません。万が一「年度途中の退職を禁止する」との表記はあった場合は注意が必要です。

 

保育士を辞めたい人必見!年度途中で上手に退職する方法

雇用契約で年度途中退職を禁止されているとしてものっぴきならない事情があることも。仕事を続けることで心身ともに衰弱してしまうようであれば黄色信号です。園を守る前にまず自分を守りましょう。ここでは年度途中で上手に退職する方法をご紹介しましょう。

退職の意向を整理して伝える

退職するときは親の介護や引っ越しなどシンプルな理由でない限り色々と言いたくなってしまうもの。色々言ってしまうとうまく丸め込まれてしまう可能性があります。「あのときは…」「このときも…」と、言いたい気持ちをぐっとこらえて極力わかりやすい理由を伝えるように準備しておきましょう。

引継ぎの準備をしておく

退職理由にもよりますが、退職の意思を伝えた翌日からの周囲の目は非常に気になるものです。2週間以上周囲を気にしながらの職務となりますので可能な限り無心で行いましょう。

短期間で今まで自分がしてきた膨大な仕事の引継ぎを完璧にするのはほぼ不可能。退職を胸に秘めたその日からノートやパソコンで引継ぎ内容を作成します。最悪、それを見ればわかる虎の巻レベルまで仕上げておくことにより、自分自身が後ろ髪惹かれることはありません。気持ちよく次の職場で働くために準備しておきましょう。

次の転職先を探す

退職理由にもよりますが大半の保育士さんは次の就職先を決めてから退職する方がほとんど。「退職したらゆっくりしよう」という悪魔のささやきが聞こえてきますが、やはり問題になるのはお金の問題です。

収入が途切れる上、国民健康保険料や年金など会社が今まで対応をしてくれていた諸費用の手続き・支払いが必要でしょう。そして忙しいときに気づかないのが「無職の重圧」。社会的にはもちろんですが、昼間にのんびり外出していると家族や友人、近所のおばちゃんの目線まで気になってしまうものです。

焦って就活して自分の能力を発揮できない職場に再就職してしまったら本末転倒。退職の意思を固めた時点で就職活動を始めておきましょう。

取材協力
メディフェアHP

引用元HP:株式会社メディフェア公式HP(http://medifare.jp/)

メディフェアは、長く働きづらいと思われている保育士の過酷な就業環境を改善するべく、さまざまな面を見直すことで待遇を良くし、保育士の皆さんが楽しく働くことのできる環境を目指しています。

  • 年収例:413万円~
  • 賞与年2回、月給の3.9~5カ月分支給
  • 週休2日制、有給休暇(6ヵ月継続勤務後10日付与)
  • 東京都・長崎県を中心に全国各地で保育所を展開

メディフェア公式HPで
保育士の求人情報を確認

電話で問い合わせる