ほいくらぶ~保育士をやめたいあなたへ~ » 保育士の転職に必要な基礎知識

保育士の転職に必要な基礎知識

保育士の転職活動を成功させるポイント

保育士の転職は無計画に、あるいは勢い任せに行っても成功することはありません。むしろ保育士の転職活動を成功させるポイントがありますので、そのポイントを押さえておきましょう。

転職の動機をはっきりさせる

保育士の転職を成功に導くポイントの一つは、転職希望者が自分の中で転職の動機を明確にするということです。なぜこれが大切かというと、新しい就職先は転職の動機に基づいて選ぶことになるからです。

例えば、給料を今より上げたいと思う人は給与条件のいい職場へ、福祉を重視する人は今より福祉が充実している職場へ、それぞれ転職することになるでしょう。

しかし、転職の動機が定まっていなければ、漠然と転職先を選んでしまうことになり、結果として自分に適した職場を得ることができなくなります。

従って保育士の転職では、最初に転職の動機を明確にしておくことが大切です。

バランスよく総合的に考慮して選ぶ

保育士に限らず一般的に転職においては、給料や賞与、手当、昇進など条件面に着目して転職先を選びがちですが、この手法はおすすめできません。

なぜなら、後で後悔しない転職活動を行うためには、条件面だけでなく、会社や組織の風土、ポリシー、人間関係、過重労働の有無など労働環境、仕事に対するやりがいなど、あらゆる要素を総合的に考慮しておく必要があるからです。

条件面だけに着目して偏った評価を行えば、自分に向いていない職場へ就職してしまい、後で後悔することになりかねません。

従って保育士の転職を行う際は、条件面を含めてあらゆる要素をバランスよくかつ総合的に考慮しましょう。

できるだけ多くの求人を比較して選ぶ

保育士の転職では、“できるだけ多くの求人をチェックして比較すること”このことも非常に重要です。なぜなら、慢性的に人材不足の保育業界は求人の数も比較的多く、内容も求人ごとに違いがあるからです。

どこを選んでも同じではなく、職場によって条件や労働環境が異なっているので、それを比較しながら自分に適した職場を探すためには、できるだけ多くの求人を比較する必要があります。

「早く新しい職場に移りたい!」と焦る気持ちもあるかもしれませんが、一方で「もっと慎重に探せばよかったと」後悔することのないよう、できるだけ多くの求人における選択肢を吟味するようにしましょう。

スムーズな転職のために知っておきたいこと

保育士を転職するときの流れ

保育士の転職活動は1日で終わらず、一連の流れがあります。最初は“求人情報を集める”ことから始まります。そして、条件に見合う求人が見つかったらその“求人に応募”して、書類が通ったら“面接”を受け、内定の連絡を受けたら“入職”となります。以上、転職完了に至るまでのポイントは全部で4つに分けられます。この全体のプロセスを把握したうえで、それぞれのポイントで必要になるものを準備しておきましょう。

迷惑がかからない「辞めどき」

保育士の転職のタイミングは基本的に本人の自由であり、任意のタイミングで構いませんが、突然何の前触れもなく辞めてしまうと、引継ぎの問題で同僚や園に迷惑をかけてしまう可能性があります。その点をスムーズにしたいと思うなら、あらかじめ引継ぎにかかる時間を計算しておき、その時間を取り入れたスケジュールの中で転職することができるでしょう。

円満に辞められる「退職理由」

どうせ辞める保育園であっても、退職の理由にネガティブな項目を挙げるのは避けたほうがいいでしょう。「給料が安すぎる」「大嫌いな同僚がいる」などと言えば、園との関係を悪化させることになり、スムーズで円満な退職ができなくなるからです。むしろ「結婚」「出産」「独立」など、嘘のない範囲でポジティブな理由を伝えれば、角が立たず円満な退職ができるようになります。

職場選びを成功に導く「確認事項」

保育士の転職を成功させるには、転職先の給料や賞与など条件面を確認しておくことはもちろんですが、それ以外にも、転職先の保育士の離職率と、保育園の方針も確認しておきましょう。なぜなら、離職率はその保育園の「働きやすさ」について、保育園の方針は「自分の考え方に合っているかどうか」について、それぞれ推し量るバロメーターになるからです。

取材協力
メディフェアHP

引用元HP:株式会社メディフェア公式HP(http://medifare.jp/)

メディフェアは、長く働きづらいと思われている保育士の過酷な就業環境を改善するべく、さまざまな面を見直すことで待遇を良くし、保育士の皆さんが楽しく働くことのできる環境を目指しています。

  • 年収例:413万円~
  • 賞与年2回、月給の3.9~5カ月分支給
  • 週休2日制、有給休暇(6ヵ月継続勤務後10日付与)
  • 東京都・長崎県を中心に全国各地で保育所を展開

メディフェア公式HPで
保育士の求人情報を確認

電話で問い合わせる