加配保育士がきつくてやめたい

このページでは、保育士にとって仕事を辞めたいと考える理由になりやすい「加配保育」の大変さについて、実際に加配保育で保育士を辞めたいと思った体験談なども紹介しながら解説しています。

加配保育士とは?

加配保育士とは?

加配保育士とは、特に障がい児保育を請け負っている保育園において、障がい児保育を担当する保育士のことを指します。障がい児保育では通常の保育業務よりも手厚いサポートが不可欠です。そのため、通常の配置基準に加えて必要な保育士が配置されるという意味で、「加配保育」という言葉が使用されています。

加配保育士の仕事内容

加配保育士の仕事は、障がいを持った園児が安全かつ健全に保育園で過ごせるよう、様々な面で必要なサポートを行うことです。重要なポイントは、障がいを持っているからといって過度に特別扱いをするのでなく、あくまでも園児の1人として他の園児と同じように過ごせるよう、不足している部分をカバーしながら、1人でできることはきちんと見守ってあげることです。

また、加配保育士は障がいを持っている園児が誤って他の園児を傷つけてしまわないように、他の園児の安全を守るという役目も担っています。

加配保育士の役割と重要性

現代は様々な事情を抱えた人や園児がおり、生まれつき何らかの障がいを抱えているからといって、それを理由に保育を受ける権利を奪われることはありません。また、自分とは異なる相手と接することで、園児も幼い頃から多様性や寛容さを育み、社会の中で色々な可能性を受け入れられるようになります。

加配保育士は、幼い園児の安全を守りながら、全ての園児が互いを認めて思いやれる環境づくりを行うために重要な人材といえるでしょう。

加配保育士として必要な資格

保育士が加配保育士として働く上で、特別に必要な資格はありません。基本的には、保育士資格を取得していれば誰でも加配保育を担当できます

しかし、障がい児保育は色々なトラブルを未然に防止し、様々な状況に対応しなければならず、他の園児と平等に障がい児へ接しながら、正しい知識を積極的に学んでいける意欲が重要です。

加配保育士をやめたい理由

園児からの暴力が辛い

保育士として週替わりで加配保育を担当しています。園児は3歳ですが、人に対して殴ったり叩いたりといった危害行動が多く、私自身もビンタをまともにくらってしまいます。仕事だからとがまんしていますが、正直にいえばとても辛い1週間です。

※参照元:Twitter(https://twitter.com/taijinoooooon/status/1281457395537899520

専門の加配保育士をつけてくれない

私が務めている保育園の園長や上司は、経営効率ばかり考えているような人たちで、それぞれのクラスの状況や園児についてほとんど興味がありません。そのため、本来であれば専門の知識を持った加配保育士が必要な園児がいるのに、他の園児の世話で手一杯の私たちへさらにその子の世話を押しつけてきて、もう辞めようと思っています。

※参照元:Twitter(https://twitter.com/hoikushi135/status/1267569674205532161

障がい児保育は気が休まらない

地元にある認可保育園で保育士として勤務していますが、今年度から加配保育士として発達障害の園児を担当することになりました。でも、私自身には障がい児保育の知識や経験がなく、常に見守っていなければならないので本当に対応が難しいと感じます。精神的にも体力的にも負担が大きすぎて、もう辞めたいです。

※参照元:保育士辞めたいケド言えない!円満転職のコツは?(https://wt-mogami.com/kahaihoikusi/

保護者からトラブルの責任を追及される

障がい児保育を担当していますが、ほんの一瞬でも油断すると担当園児が他の障がい児とケンカを起こしてしまいます。私から加配保育士になりたいと言ったわけでもないのに、保護者からは「加配がついていながら」とか「先生にやる気がないせいだ」と責められます。

※参照元:保育士辞めたいケド言えない!円満転職のコツは?(https://wt-mogami.com/kahaihoikusi/

加配保育士として活躍するためには

保育士としてスキルアップ

加配保育士には通常保育だけでなく、障がい児保育についての知識と経験も重要であり、保育士としてスキルアップを目指していくことが欠かせません。また、どれだけ知識を増やしたとしても、障がい児の行動や反応は十人十色であり、常に新しいことを受け入れる寛容さも必要です。

とはいえ、加配保育士としての経験は通常保育でも活用できるため、あくまでも保育士としてトータルで成長していく意識が大切です。

園長や周りの職員へ相談する

経験が不足している間は、どうしても余裕を失ってしまい、一人でストレスを抱えてしまいがちになってしまいます。また、どれだけ加配保育に慣れてきたつもりでも、自分だけで担当できる範囲には限界があります

普段から周囲の人とコミュニケーションを取り、足りない部分をサポートしてもらえる環境を作っておくことも重要です。

ほかの保育園に転職する

望まずに加配保育の担当を押しつけられている場合、勤務先の保育園を変えてしまうことも1つの解決手段です。また、加配保育について経験豊富な保育士がそろっている保育園もあり、より良い環境へ身を置くことは、自分にとってだけでなく、保育を受ける園児にとっても望ましいといえるでしょう。

加配保育に唯一絶対の正解はない

加配保育は園児によって注意すべき点や配慮すべき点が異なり、他の園児で経験したルールが通用しない場合も多々あります

加配保育士は重要な役目ですが、正しい保育を提供するには保育士自身が心身共に健康であることが大切です。一人で大変だと感じた時は、辛さを抱えるのでなく、周囲と協力して対応していくことが肝要です。また、どうしても厳しいと思える環境であれば、自分にとって何が大切なのか、落ち着いて考えてみることも必要でしょう。

取材協力
メディフェアHP

引用元HP:株式会社メディフェア公式HP(http://medifare.jp/)

メディフェアは、長く働きづらいと思われている保育士の過酷な就業環境を改善するべく、さまざまな面を見直すことで待遇を良くし、保育士の皆さんが楽しく働くことのできる環境を目指しています。

  • 年収例:413万円~
  • 賞与年2回、月給の3.9~5カ月分支給
  • 週休2日制、有給休暇(6ヵ月継続勤務後10日付与)
  • 東京都・長崎県を中心に全国各地で保育所を展開

メディフェア公式HPで
保育士の求人情報を確認

電話で問い合わせる