保育観が合わない

保育観の違いを感じる内容は?

「運営側と保育観の違い」「他の保育士との保育観の違い」についてお伝えします。

運営側との保育観の違い

保育園の運営側と現場の保育士では、保育観が異なる場合があります。「子どもを優先する保育」は「利益に反する保育」となることがあり、保育士は運営側との板挟みにあって頭を悩ませてしまいます。場合によっては、職場放棄や命令違反などの致命的な烙印を押されることもあります。

保育園の方針を受け入れて努力する人がいるものの、納得できずに退職する保育士も多くいます。

他の保育士との保育観の違い

保育園では、保育士間で保育観の違いが生じる場合があります。例えば集団行動できない園児に対して、強要するのか、自主性を重んじるのかで意見は対立するなど、さまざまなケースがあります。

同じ職場で働く保育士でも、保育観が異なるために人間関係がうまくいかずに、どちらかが保育園を辞めなければならない事態にまで発展することもあります。

保育観の違いを改善させる方法

保育観の違いはあっても、改善させる方法はあります。以下では「保育観の違いを改善させる方法」についてお伝えします。

自分の考えを相手に打ち明ける

保育観の違いを感じる相手に、自分の考えを正直に打ち明けてみると解決策が見つかるケースもあります。明らかに相手が悪いと判断できる場合は、職場での関係性を配慮しつつ、しっかりと伝えることが必要です。

どうしても言いにくい相手の場合は、リーダーや主任、信頼できる保育士などに相談することで改善できる場合もあります。

他の保育士の考えを理解する

保育観の違いで悩んでいる場合、他の保育観を理解することから始めてみましょう。自分とは異なる保育観に対しては、どうしても批判してしまいがちですが、一歩下がって相手の良いところを探して吸収してみてはいかがでしょうか。保育士としてのスキルが大きく向上する可能性が十分にあります。

もしどうしても理解できない場合は、本人に直接聞いてみることもひとつの手段です。相互理解が深まり、保育士としての成長だけでなく、園内での人間関係の円滑化につながることもあります。

他の人が保育士を辞めたい理由を見る

取材協力
メディフェアHP

引用元HP:株式会社メディフェア公式HP(http://medifare.jp/)

メディフェアは、長く働きづらいと思われている保育士の過酷な就業環境を改善するべく、さまざまな面を見直すことで待遇を良くし、保育士の皆さんが楽しく働くことのできる環境を目指しています。

  • 年収例:413万円~
  • 賞与年2回、月給の3.9~5カ月分支給
  • 週休2日制、有給休暇(6ヵ月継続勤務後10日付与)
  • 東京都・長崎県を中心に全国各地で保育所を展開

メディフェア公式HPで
保育士の求人情報を確認

電話で問い合わせる