パート保育士のやりがい事情

常勤で働くのは難しいけれど、保育に関わりたいという方におすすめの働き方として、「保育補助としてパート勤務」という選択肢があります。子育てとの両立がしやすく、子ども達の成長に関われることは大きなやりがいに繋がるのではないでしょうか。保育補助としてパート勤務をする場合のお給料ややりがいについてまとめました。

また、2011年の創業以来、ライフイベントによる保育士の離職率がほぼ0%という実績をもつ、株式会社メディフェアで働くパートの梨沙先生にお話を伺っています。

メディフェアのパート保育士
梨沙先生にお話を伺いました

パート保育士の勤務時間やお給料は?

まだ子育て中であり長時間勤務が難しい保育士、保育に携わりたいと思いつつ保育資格を持っていない方、どちらも保育補助として保育施設でのパート勤務が可能です。

週3~4日、1日あたり4~6時間で勤務をしているケースが多く、時間に余裕がある場合はフルタイムで働く方も。1ヶ月120時間未満(4~6時間/日程度)勤務を短時間パート保育士と、1ヶ月120時間以上(8時間/日が基本)勤務を長時間パート保育士として分けています。

お給料は、地域によって異なりますが、平均900~1,200円が相場となっており、都心の私立保育園であれば1,200円、地方の私立保育園では950円が平均となっているようです。

賞与や福利厚生は保育施設によって異なり、賞与はでないケースが一般的。決まった時間の中での就業が可能なので、育児と両立したい・無理せず保育に関わりたいといった方にはぴったりな雇用形態ではないでしょうか。

パート保育士が感じられるやりがいとは

無理なく、私生活との両立を図れるパート保育士は、限られた時間だからこそめいっぱい子どもとの時間を大切にすることができます。担任をもっていないからこそ、日によって違う年齢の子に関わるために楽しみが増えたり、少しずついろいろなことに関わることができるので、じっくりと仕事を覚えることができるなど、パート勤務だからこそのやりがいは大きいのではないでしょうか。

パート保育士の仕事内容ですが、保育補助として保育施設で働くため、常勤の保育士とは別の仕事をするケースが多いよう。もちろん、保育士と同じように責任のある仕事を任せてもらえる保育施設もあります。なかなか集団になじめない子どものケアを任されることもあるようです。保育施設によって異なりますが、勤務時間が限られている分、事務作業などはほぼありません。

ほいくらぶのひとこと

保育士との関係が気になる方もいるかもしれませんが、「子どもの成長を見守る」という保育の目的にしっかり目を向けて動ける保育士が多い職場を選ぶことが重要。目的が同じであれば、肩の力を抜いて楽しく働くことができるはずです。

パート保育士に求められること

パート保育士と言えど、園児や保護者からすれば常勤保育士とかわりはありません。「パート保育士だから適当でいいや」といった考えを持っていると、思わぬ事故に繋がることもあります。どの保育施設でも、常勤保育士と同じ志や責任感を持って、業務に取り組めるパート保育士が求められています

ほいくらぶのひとこと

勤務時間が少ないからこそ、その時間は常勤保育士の仕事を少しでも楽にできるように行動しましょう。パート保育士の働きで常勤保育士の仕事が楽になれば、職場の雰囲気も良くなりますし、「来てくれると仕事がはかどる!」と思われたほうがやりがいを感じられますし、やる気もアップしますよね。

【取材】梨沙先生にパート勤務のお話を聞きました

ほいくらぶは、保育のリアルな現場について調査するべく、小規模保育所を運営する株式会社メディフェアでパート保育士として働く梨沙先生にお話を伺いました。メディフェアでは、パートであっても正社員と同じようにやりがいのある仕事を割り振っています。梨沙先生はどのようなやりがいを感じているのでしょうか。

自分の経験を活かして保育の世界に貢献したい

メディフェア梨沙先生
近藤梨沙先生

―梨沙先生は現在パートとして保育所に勤務をされていますが、前職ではどのような職場で働いていたのでしょうか。

保育園に勤めたことはなく、小児科併設型の病児保育施設に勤めていました。結婚を機に長時間の勤務が難しくなり、転職を決意。子ども一人ひとりと密に関わることができ、温かな環境で子どもの成長を見守ることができる小規模保育へ、パートでの就職を希望しました。

―ご自身のライフスタイルに合わせて、勤務時間を調整できる職場を探していたということですね。なかでも、なぜメディフェアへの就職を決めたのでしょうか。

勤務時間の融通が利くということはもちろんなのですが、預かり対象の子どもと自分の子どもの年齢が近いので、自分の経験をもとに保護者の方の気持ちや悩みに寄り添えたら...と。保護者の方から「ここに預けて良かったです、ありがとうございます」「いろいろなことを経験させてくれているおかげで、子どもが自分でできることが増えました」などお言葉をいただけたときには、メディフェアの保育所で職員として働けて良かったと感じます。

子どもの成長にパートも正社員も関係ない

―職員間のコミュニケーションは、充分にとれていますか。

普段から積極的にコミュニケーションをとっています。仕事のことはもちろん、休憩時間にはプライベートな話をすることもありますよ。以前、保育方法で悩んでいるときに職員へ相談をしたことがあるのですが、自分のことのように一緒になって考えてくれて。相談をして良かった、相談できる環境で良かったと、心から思いました。

―悩みをすぐに相談できて、解決に向けて一緒に走れる環境って良いですね。

はい。職員間だけではなく、保護者の方から悩みを相談していただくこともあります。保護者の方にまでしっかりと寄り添える環境はありがたいですし、理想的な保育士の姿ではないでしょうか。

―保護者からすれば、正社員もパートも関係ないはず。梨沙先生の一生懸命な姿が、保護者へ伝わっているのかなと感じます。梨沙先生、ありがとうございました!

ありがとうございました!

取材協力
メディフェアHP

引用元HP:株式会社メディフェア公式HP(http://medifare.jp/)

メディフェアは、長く働きづらいと思われている保育士の過酷な就業環境を改善するべく、さまざまな面を見直すことで待遇を良くし、保育士の皆さんが楽しく働くことのできる環境を目指しています。

  • 年収例:413万円~
  • 賞与年2回、月給の3.9~5カ月分支給
  • 週休2日制、有給休暇(6ヵ月継続勤務後10日付与)
  • 東京都・長崎県を中心に全国各地で保育所を展開

メディフェア公式HPで
保育士の求人情報を確認

電話で問い合わせる